いつまでも、
社労士受験生でいたくない人へ。

 
いつまでも、
相手に話が伝わらない、
相手の話が理解できないままで
いたくない人へ。
 
 

講義・セミナー中に話してこそ

合格者や、話し上手な人

アタマの中を真似できる!

合格者のアタマの中を知ろう!

 

1.

【あたまいい人(合格者)のアタマの中を

 覗いてみちゃおう動画(無料!)】

 

2.

【あたまいい人(合格者)の話し方を、

 声に出して、真似をして、

 合格に必要な力を確認しようセミナー(有料)】

※講師の話を聞くだけの退屈な会ではありません。

 

 のご案内です。

 

 

あたまいい人(合格者)であっても

決して

説明できなかった、

説明してくれなかった、

あたまいい人(合格者)の思考法を、

今なら無料で提供いたします。

 

【あたまいい人(合格者)の話し方を、

 声に出して、真似をして、

 合格に必要な力を確認しようセミナー】

 

いつまでも、
社労士受験生でいたくない人へ。

 
いつまでも、
相手に話が伝わらない、
相手の話が理解できないままで
いたくない人へ。
 
 
 

 

 

【社会保険労務士の試験】において、

試験委員が、問題を通して、

受験生に対して求めていることを

ご存じでしょうか。

 

 

社労士試験に合格したいのなら、

まず、【試験委員が求めていること】を

知っておく必要があります。

 

試験委員が受験生に求めていることは【2つ】です。

それは、

1:【条文等の法知識】を整理している

  (おぼえている)かどうか、

2:知識を駆使し【法律家として望ましい考え方】

  をして問題を解けるかどうか、

という2つなのです。

 

 

ここで、

以下のような疑問をお持ちになったかもしれません。

 

【望ましい考え方】などというものは、

明確に存在しているのかという疑問です。

 

考え方は人それぞれなんだから、

【望ましい考え方】などという

ものは存在しないのではないかと

考えられるのはよく分かります。

 

しかし、社労士が、【法律家】である以上、

問題を解く考え方、すなわち、

法律家として望ましい考え方は、

【明確】に存在するのです。

 

法律家は、

【(法的)三段論法】という論理的

思考法で思考することを求められており、

試験委員も、法的三段論法という思考法で

論理的に物事を考えられるかどうかの

確認を試験を通して行っています。

 

そうすると、こんどは、

こんな疑問がさらに生じるかもしれません。

 

三段論法などという思考法を知らない

もしくは、学んだことがない人だって

合格しているじゃないかと思う方が

いるでしょう。

 

 

そう。

三段論法という思考法を知らなくても、

合格者は、三段論法という【考え方】に近い

思考の手順を踏んでいるから、成績が伸びやすく、

得点も取りやすいのです。

 

そして、

話し上手な人、

話や知識を上手に整理できる人も同様です。

 

皆、三段論法という考え方を知らなくても、

三段論法という考え方に近い思考の手順を踏んでいるから、

上手に話すことも、上手に知識を整理すること、理解することが

できるのです。 

 

そもそも、

分かりやすい考え方、話し方をする人たちの

考え方、話し方の特徴を

抽象化し、まとめた技術が、三段論法ですから。

 

論理的思考力に長けた方が三段論法という思考法に

近い考え方をしているのは当然のことなのです。

もともと論理的思考力に長けた方は、幸か不幸か、

三段論法という思考法を学ばなくても、

実践できているということです。

 

ですから、その思考法自体が特別なことだと

思っていません。自分以外の人たちも、

普通に実践できるものと思いがちなのです。

 

 

社労士スクールで決して聞けない話です。

【あたまいい人(合格者)の話し方を、

 声に出して、真似をして、

 合格に必要な力を確認しようセミナー】

※講師の話を聞くだけの退屈な会ではありません。